KTM 390 DUKEについてアレコレ

KTM 390 DUKEのブログ。日常にオレンジを! 三╰( 'ω')╯

環七信号待ちのモトグッツィ

カワチュー(KTM川崎中央)さんへにKTMのネックストラップを注文してたので、受け取りに行った。

今回はそのお話。

 

前回の記事はコチラ。

あれから3ヶ月…('ω')

 

390duke.hatenablog.com

 

日曜日の15時過ぎの環七は混んでる。

上馬の交差点を曲がり、多摩川を渡る。

空が青くて広い。

 

梶ケ谷交差点を左折して到着。

 

私「こんにちは」

店「こんにちは」

私「お願いしていいですか?」

店「合点承知の助」

 

バイクを敷地に入れるのが苦手なのでお願いした。

 

私「先日注文していたネックストラップは届きました?」

店「あー、来ましたよ」

私「お」

店「オレンジと黒があったんですが、オレンジしか来なくて」

私「見せていただけます?」

 

社員証をぶら下げるネックストラップをオレンジにするのが目的である。

 

店「コチラになります」

私「試しに下げてもいいです?」

店「どうぞ」

 

なかなかイイ感じである。

 

何かいい感じ

何かいい感じ

 

 

私「コチラを購入します」

店「ありがとうございます」

 

即決。

 

客「こんにちは〜、◯◯です」

店「スミマセン、少々お待ち下さい」

 

にわかにお客さんが増えてきた。

急に慌ただしい雰囲気。

 

店「では、1,338円になります」

私「あいよー」

 

購入完了。

 

2017年モデルをまだ見たことがなかったので、展示車を舐めるように見る。

 

f:id:ktm390duke:20170912202625j:plain

 

390 DUKEがあったのでジロジロ。

売約済もあったので、売れてるんだろうなと思った。

 

もう1台欲しくなった。

買わないけど。

 

滞在時間15分。

そして帰路。

 

246号線の首都高下で信号待ち。

青信号で発進してブーン。

するとサイレンのような音が聞こえて血の気が引く。

 

やっちまったと思ったら、気のせいだった。

ちょっと加速し過ぎたので反省。

 

反省 (Single Version)

反省 (Single Version)

 

 

環七を走ってると、何台かのバイクが通り過ぎて行った。

架空のサイレンの音でビビってしまっていたので、焦らず急がず。

 

信号待ちしていると、モトグッツィに乗ってる人が話し掛けて来た。

 

モ「福岡から来たの?」

私「4月に福岡から引越して来ました」

モ「福岡のどこ?」

私「福岡市です」

モ「どの辺?」

 

やけに食い付いてくる。

 

私「大体、福岡タワーとか福岡ドームの辺りです」

モ「百道浜?」

 

お、福岡に詳しい勢だ。

 

モ「息子が福岡に家を建てたんよ」

私「おめでとうございます」

モ「フフッ、ありがとう」

 

ホントにフフって笑ってた。

 

モ「自分も福岡に7年住んでたことがあってね」

私「なるほど、それでお詳しいんですね」

 

なるほど、食い付いてきた理由が腹落ちする。

 

おとなのネコ旅 福岡 塗り絵ブック

おとなのネコ旅 福岡 塗り絵ブック

 

 

信号が青に変わったので発進。

 

また次の信号で同じく止まる。

 

モ「今日はどこに行ってきたの?」

私「KTM川崎中央さんです」

モ「どの辺?」

私「梶ケ谷ですね」

モ「梶ケ谷の誰の店?」

 

うーん、社長さんの名前がすぐ出て来ない。

ってか、誰の店という質問が知り合いが多いことを醸し出している。

 

私「うーん、名前が出て来ないです」

 

また信号が青になってブーン。

 

環七は信号が多いので、また信号で止まる。

 

モ「福岡には月1回ぐらい行っててね」

私「かなり行かれてますね」

モ「孫がいるからね」

私「それは楽しいですね」

 

推定年齢は60歳。

黄色フレームのサングラス、口元はバンダナなので顔は良く分からない。

黒のジェッペル。

 

私「もうすぐ家の近くなので、そろそろ失礼しますね」

モ「おう」

 

束の間の会話だったけど、かなり名残惜しい。

 

モトグッツィ乗りさんに別れを告げ、帰宅。

割と家が近いかも。

 

全体がブラックのモトグッツィ。

あとで調べてみたけど、車種はMoto Guzzi 850Tだと思う。

1975年のバイク。

 

f:id:ktm390duke:20170912205040j:plain

画像はネットより拝借。

jalopnik.com

 

ロゴが立体的だったのと、全体がブラックで特にラインは入ってなかったので、多分コレじゃないかなと。

あとはサイドバックを付けていらっしゃった。

 

最後になったが、購入したネックストラップはコレ。

仕事用として使用する。

 

幅が通常の3倍だけど、気にしないぜ!

ヒャッハー!('ω')

 

f:id:ktm390duke:20170912205435j:plain

 

環七の信号待ちで声を掛けていただいたモトグッツィの方。

福岡ナンバーの390 DUKE乗りですが、コレをご覧になったら連絡ください。

またお話ししましょう。

 

但し、信号待ちの間に限る('ω')

 

 

 

KTMのネックストラップを求めて

KTMのネックストラップが欲しくなったので、カワチュー(KTM川崎中央)さんへ。

東京に引っ越して来た4月に挨拶に伺って以来、2回めの訪問。

 

前回はGoogleMapに導かれるまま、細い道を通った記憶がある。

今振り返ってみると、何故あのルートを通ったのか謎だ…

 

家を出て3回左折すれば、カワチューさんに辿り着ける。

ルートを確認して出発。

約40分で到着する予定だ。

 

そろそろ近くかなと思ってGoogleMapを見ると、通り過ぎている。

あれ?何か道を間違ったかなと思って横道に入ってルートを再確認。

交差点で左折する所を通り過ぎていたのだった…

 

人間交差点 / Still Chainging

人間交差点 / Still Chainging

 

 

 

気を取り直して走ること5分。

ようやくカワチューさんに到着。

 

私「こんにちは」

店「…」

私「(あれ?)えっと、今日はパワーウェアを見に来ました」

店「先にバイクを動かしますね」

 

お店の前の歩道に停めてたので、そのままでは邪魔になる。

すぐさま、店長さんがバイクを移動させる。

前回は自分で動かそうとしたけど、なかなか上手くいかなかったのでお店の方にお願いした。

バックで段差を上がるのはムズカシイ…

 

閑話休題

 

お店に入り、お目当てのネックストラップを探す。

しかし見つからない。

 

店「何かお探しですか?」

私「ネックストラップを」

店「ネックストラップ?えっと…」

 

店長さんがカタログを開いて確認。f:id:ktm390duke:20170611223336j:plain

 

店「コレは置いてないですね」

私「そうですか…」

店「でもコレは売れそうなので、取り寄せますよ」

私「ホントですか!?」

 

店長さんがPCに向かい、オーダーしようとしたところ

 

店「あれ?また繋がらないな」

私「どうしたんです?」

店「今朝も繋がらなかったんですよ」

私「ふむふむ」

店「KTM本国にオーダーするサイトなんですが、今日は繋がらないですね」

私「メンテ中かも知れませんね」

店「明日にでもオーダーしておきますね」

私「よしなに」

 

ネックストラップはブラックとオレンジの2種類があり、両方を取り寄せていただけることに。

 

店「お名前は」

私「ハシグチです、福岡から来た」

店「あー、そうでしたね」

私「せやで」

店「先日、KTM福岡のNさんに会いましたよ」

私「お」

店「390CUPがあったんですよ」

私「なるほど、Nさんは相変わらずアクティブですね」

 

KTM福岡のNさんはカワチューの店長さんと親しいので、引っ越す前に言伝をお願いしてたのである。

 

お取り寄せのため、店長さんが顧客名簿を確認する。

 

店「えっと、ハシグチさんが2人いるんですが」

私「お、同じ苗字の方がいるんですね」

店「はい」

私「珍しいですね、ハシグチさんて周りにいないので」

店「ハシグチさんは環七の辺りでしたね」

私「せやで」

 

とりあえずネックストラップのお取り寄せをお願いしたので、また来よう。

帰りは道に迷わずに家に辿り着いた。

 

 

 

相変わらず土地勘がないけど、ツーリングスポットを探さねば('ω')

 

ツーリングマップル R 関東 甲信越 2017 (ツーリング 地図 | マップル)

ツーリングマップル R 関東 甲信越 2017 (ツーリング 地図 | マップル)

 

 

さよなら福岡

仕事の都合で福岡を離れることに。

そして来週からは東京での生活。

390 DUKEは暖かくなってから持って行こう。

 

ブログを通じてお会い出来た方々には感謝。

お別れの挨拶を直接言えないのは残念だけど、またいつか福岡に戻って来たら「ただいま」と言おう。

 

また会う日まで('ω')

 

また逢う日まで

また逢う日まで

 

 

KTMビールオフ会 in TOKYOに行った話(後編)

前編はコチラ。

 

390duke.hatenablog.com

 

当初、オフ会の翌日は特に予定がなかった。

帰りの便は17時だったので、ほぼ丸一日空いててヒマになるところだった。

 

ちょうどJCF(日本キャロム連盟)の大会が下北沢で開催される日だったので、見学に行こうと思いたつ。

そして師匠である会長に連絡したところ、「欠員が出るので参加して欲しい」と要請があったので、急遽参加することに。

 

f:id:ktm390duke:20161004223934j:plain

 

ゲームはAグループとBグループに分かれ、グループ内で総当たり戦。

朝9時から17時までの長丁場である。

私は帰りの便があるので、15時までという条件付きで参加した。

 

キャロムのルールの説明は割愛するとして、どんなゲームかは動画を観て頂くと分かるかも。

abemafresh.tv

 

 

久し振りだったので、ルールを思い出しながらプレイ。

前チャンピオンと対戦もしたが、瞬殺された…

やっぱり練習しないと勝てませんわ…

 

しかしながら対戦を重ねるうちに、コツを思い出した。

今回は大会に初参加だったが、10位にランクインできた。

その認定証がコチラ。

 

f:id:ktm390duke:20161004225717j:plain

 

師匠からは初参加にしては上出来だと褒められた。

来年は順位を上げたい。

 

f:id:ktm390duke:20161004230202j:plain

 

 

帰りはまたラウンジでビール。

飲みすぎると上空でトイレに行きたくなるので1杯だけ。

 

f:id:ktm390duke:20161004230314j:plain

 

そんな感じでオフ会の旅は終わりましたとさ。

次回から幹事は誰かにお願いしたいな。