KTM 390 DUKEについてアレコレ

KTM 390 DUKEのブログ。日常にオレンジを! 三╰( 'ω')╯

さらば、390DUKE…

2015年9月に納車された390DUKE。

車検が切れて乗っていなかったこともあり、一度リセットすることにした。

いろんな買取業者を検討した結果、バイク王に連絡した。

www.8190.jp

 

お試し査定の入力フォームを送信すると、すぐに電話が掛かってきた。

 

女性のオペレーターの方で

「買い替えですか、それとも乗らなくなったのですか」

「ご本人名義ですか、それとも違う方ですか」

「現金でのお買上げでしたか、それともローンですか」

「お住いはどちらですか」

「その地域ですと、購入を希望されてる方が多数いらっしゃいますよ」

「査定担当の訪問日時はいつがよろしいですか」

 

こんな感じの質問があり、その場で日時を決めて、買取査定を待つことに。

 

f:id:ktm390duke:20190813164611p:plain

 

予定時刻の15分前に担当の方から電話があり、もうすぐ着きますとのこと。

バイクカバーを外して待機。

 

買取前に準備したものは、

・ハンコ(シャチハタでない認印

・車検証

自賠責保険

・免許証

である。

 

そしてバイク王の買取担当の方がやって来た。

 

バ「こんにちは」

私「こんにちは」

バ「本日の査定でご希望の金額であれば、即日引き取ります」

私「おかのした」

バ「大体30分から1時間程度で終わります」

 私「承知した」

バ「では何枚かの写真を撮らせていただきますね」

私「おっけー」

 

査定用の端末はiPadで、それを使って前、横、後ろ、エンジン、チェーンなど

様々な角度から写真を撮られていた。

 

(ハハーン、これは画像をアップして本部とやり取りするんだな。)

 

案の定、写真を撮り終えた後はしばらく待ち状態。

 

バ「ちょっと電話してイイですか?」

私「どうぞ」

電話猫ラバーキーチェーン [全6種セット(フルコンプ)]

電話猫ラバーキーチェーン [全6種セット(フルコンプ)]

 

 

何やら電話でやり取りされている。

アップした画像と実際見た感じのギャップについて、確認しているのだろう。

その後も何度かそのやり取りをされていた。

 

バ「査定が終わりました」

私「ありがとうございます」

バ「金額は○○万円です」

私「へ?」

 

想定よりはるかに低い。

 

バ「まず年式でベースの金額が決まります」

私「ふむふむ」

バ「一番上がSランクで、この金額が○○万円です」

私「なるほど」

バ「そこから減点方式となってまして、外観、走行距離、サビなどを勘案します」

私「ほうほう」

 

査定用紙を見せていただきながら、詳しい説明を受ける。

 

バ「オークションに流す金額がベースでSランクの金額が決まります」

私「へー」

バ「この金額は全国どこで査定しても変わりません」

私「そうなんですね」

 

何となくそうだと思ってたけど。

 

私「右側のタンク横のデカールが剥げかかっているのは、転倒ではなく強風で倒れたのが原因なんですよね…」

バ「そうなんですね」

 

駐輪場に停めていたのだが、強風でカバーごと煽られ、転倒していたことがあった。

 

私「この傷がなければ金額は上がりましたか?」

バ「上がりますね」

 

残念だがやむなし。

 

バ「どうされますか?」

私「ちょっと考えて、また連絡でも良いですか?」

バ「2回目以降になりますと、今回より金額が下がることになります」

 

f:id:ktm390duke:20190813170218p:plain


バ「今回は1回目なので、こういった感じでお話ししながらやり取り出来ますが、2回目は出来ません」

私「そういう決まりなんですね」

 

ここで四の五の言っても仕方がない。

 

私「想定より金額が低かったので、正直この金額ではお売り出来ません」

バ「うーん」

 

お互い困ったちゃん状態である。

 

バ「それではオークションに流すのではなく、販売店に買い取ってもらうルートではいかがでしょう」

私「と言いますと?」

 

これも何となく察しは付いているが、思ったのと違うといけないので話を聞いてみる。

 

バ「中古販売する店舗に直接買い取ってもらうルートですと、ベース金額がアップします」

私「なるほど」

バ「想定では○万円はアップしますが、確認してみましょうか?」

私「おなしゃす」

 

ここでまた電話タイム。

 

バ「確認しました。○○万円でいかがでしょうか」

私「うーん」

バ「そう言えば、ETCは付いてますか?」

私「付いてますよ」

バ「それなら○万円はアップします」

私「おー」

 

で、プラスされた金額でお売りすることにした。

 

バ「では、こちらの書類にサインをお願いします。ハンコもお願いします」

 

一通りハンコを押して終了。

 

バ「では後はこちらで積み込みますので、こちらで結構です」

私「どうもありがとうございました」

 

 

 実際のやり取りの中では、純正オプションのPowerPartsが付いてるが

 それは金額アップにならないのか、それはならない等があった。

 あくまでも買取査定はノーマル状態としてどうかであって、パーツは関係なかった。

 

査定で分かったことは

・サビがあると査定が下がるので、日頃からメンテしておいた方が良い。

・エンジンが掛からないのはNGなので、しばらく乗らない時はバッテリーを外して充電した方が良い。

・年式が古いほどベース金額が下がるので、買い換えるなら早めが良い。

 

トータルで1時間ちょっとのやり取りだった。

その日のうちに390DUKEはバイク王にドナドナされていった。

次のバイクをどうしようか('ω')

 

押すイイことあるボタン

   ↓

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ
にほんブログ村