読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KTM 390 DUKEについてアレコレ

KTM 390 DUKEのブログ。日常にオレンジを! 三╰( 'ω')╯

岡山のフォロワーさんに会いに行く(後編)

前編、中編はコチラ。

 

390duke.hatenablog.com 

390duke.hatenablog.com

 

 

■ツーリング当日の朝

前日は深夜まで飲んでいたが、いつも通り目覚める。

しばらくゴロゴロしたが、その後シャワーを浴びてスッキリした。

 

シール王さんと合流したのは10時半前。

ホテルまでお迎えに来て頂いた。

 

私「おはようございます。昨日はご馳走様でした!」

シ「おはようございます。眠れましたか?」

私「はい、よく眠れました」

シ「朝ごはんは食べました?

私「昨晩でお腹いっぱいだったので、チョコだけ食べました」

 

f:id:ktm390duke:20160703210035j:plain

 

 

駐車場で目にしたのはMT-09。

当然ながら実車を見るのは初めてである。

 

遠目から見てもシールがいっぱい貼ってある。

名は体を表す。

 

シ「まだ時間早いですけど、待ち合わせ場所に行きましょうか」

私「はい、先導よろしくお願いします」

 

 

■待ち合わせ場所にて

ホテルから走ること10分。

その途中には昨日のバーがあった。

夜だったので道が分からなかったけど、割と近い場所にあったことが分かった。

 

そして待ち合わせ場所のコンビニ。

シール王さんはバッグの類を持ってなかったので、飲みきれるサイズのお茶を買っていらっしゃった。

私は前日に買っていたお茶があったので、コンビニではただ涼んだだけ。

 

と、そこで目にしたのはタウン誌「JAKEN」。

jaken (画像が出てこない…)

 

邪険にしないで

邪険にしないで

 

 

 

スイーツ特集だったので、パラパラ捲りながら立ち読みしてた。

そうこうしてるうちに、あおいといきさん、イ憂さん、ゆきおさんがやって来た。

 

f:id:ktm390duke:20160703205814j:plain

 

手前からZX-9R(あおいといきさん)、390 DUKE(私)、MT-09(シール王さん)、ハーレー(車種名分からず、ゆきおさん)、セロー(イ憂さん)。

 

横並びになってなかったので、正面から引きで撮れば良かったかな…

 

 

■いざ出発

最初の目的地はダム。

そう、あの苫田ダムである(行ったことないけど

 

イ憂さん、ゆきおさん、シール王さん、私、あおいといきさんの順番で走る。

いつもソロツーばかりなので、久し振りの隊形に、おらワクワクすっぞ!

 

と、その前に。

現地に向かう前にまずは給油。

気付けばメーター半分切ってたので、給油が先じゃけんのう。

 

気を取り直して出発。

 

走ること20分ぐらいだろうか。

途中、沿道の草が生い茂った道を進むと、目的地である苫田ダムが見えてきた。

 

この日の最高気温は32℃(推定

暑い日はダムの近くで納涼するのが通(知らんけど

 

放水してるのは珍しいらしく、この日に来れたのはラッキーだった。

f:id:ktm390duke:20160703212500j:plain

 

近付いてみると、かなり涼しかった。

こういう自然に触れるってのは大事じゃけん。

 

 

■あの蒜山高原

苫田ダムを出て、途中でトイレ休憩を挟む。

そこからは、隊列を変更して再出発。

 

岡山のツーリングコースと言えば、蒜山高原

いや、名前しか知らなかったけど。

 

だんだんと道が高原地帯の中に変わっていく。

その様が何とも心地よく、そして頭上には青空が広がってきた。

 

ツーリング風景はGoProで動画とってたけど、編集が間に合ってないので後日。

 

道の駅 蒜山高原で小休止。

f:id:ktm390duke:20160703213132j:plain

 

天気がイイのは喜ばしいことでもあるけど、如何せん暑い。

走ってる間はメッシュジャケットの間から風を感じるけど、止まるとあかん。

止まってる間は全裸でもイイんじゃね?って感じになる(おまわりさんココです

 

蒜山高原はホントに風光明媚なところで、また走りたくなるところ。

やっぱり自然の中を走るのが一番だと。

前日に高速を走り続けたので、尚更そう感じた。

 

 

■そばを食べる

道の駅 風の家、ここではると氏と待ち合わせ。

 

合流してつかの間、目の前にある蕎麦屋さんへ。

 

f:id:ktm390duke:20160703214220j:plain

 

ちょうどお腹が空いたタイミングでの昼ごはん。

ざるそばとおにぎりを頼む。

 

シール王さんが頼んでた、おろしそばも美味そうだった。

大根おろしがてんこ盛りで。

 

はると氏、ここでも博学っぷりを炸裂。

天ぷらのネタを次々と暴く。

中にはヤングコーンの天ぷらがあったみたいだ。

クゥーッ!(ヤングコーンは得意ではない

 

 

シール王さんとはると氏は、釣りの話をしてた。

しかし生憎の天気予報だったので、延期するそうな。

その話を聞きつつ、今回は晴れて良かったと改めて安堵した。

 

ゆきおさんは霞を食べて生きてるらしいので、一緒にそばを食べなかった。

その代わりにジャージーソフトを食べていた。

甘党なのかな?

 

 

蒜山大山スカイライン、鬼女台展望台へ

腹ごしらえが終わった所で、次のスポットへ向かう。

蒜山高原が一望できるという、あの鬼女台(きめんだい)へ。

 

その道中、ある事に気付く。

そう、GoProをメットに取り付けてなかったのだ!!

せっかくの光景を動画に収められなかった…

オレのバカちん!!

 

3年B組金八先生 DVD?BOX 第5シリーズ [DVD]

3年B組金八先生 DVD?BOX 第5シリーズ [DVD]

 

 

閑話休題

 

蒜山高原を登っていく。

道が高地になるので、少しずつ涼しさを感じるようになった。

ような気がした。

 

登り切った道を右折し、鬼女台展望台へ到着。

 

f:id:ktm390duke:20160703222913j:plain

 

刮目せよ、高台から望む蒜山高原を!

 

f:id:ktm390duke:20160703223137j:plain

 

何この素敵ビュー。

こんなん連れて来られたら、惚れてまうやろ。

アーッ!♂

 

イ憂さんがあみぐるみを持って、右往左往しながら写真とってるのが微笑ましかった。

なかなかピントが合わなくてムズカシイのだ。

わかる、分かりますとも。

 

ここでもはると氏の博学ネタ炸裂。

 

は「ここの牛乳うまいッスよ」

私「ほうほう」

は「一口どうですか」

私「めっちゃ濃厚やで!」

は「せやろ」

私「せやな」

 

乳脂肪分が5.2%と高いのが特徴らしい。

この牛乳を部活の後に競い合うように飲んでたらしい。

牛乳のめない人が残してたヤツを。

クゥーッ!

 

カウブランド無添加洗顔フォーム120g

カウブランド無添加洗顔フォーム120g

 

 

ここで、あおいといきさんから衝撃の事実を聞かされる。

 

と「ここのメインはこっちじゃなくて、実はあっちなんですよ」

私「(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー !?」

 

そう、展望台の名前にもなっている鬼女台がメインなのである。

台形の形をしているのがそれらしい。

 

f:id:ktm390duke:20160703224204j:plain

 

と「あの台形の右上にあるのが大山なんですよ」

私「ちょうど雲がかかって見えてないヤツですね」

 

はると氏によると、大山は角度によってその形が変わるらしい。

山頂まで見てみたかったな。

 

 

■お別れはソフトクリームで

鬼女台をあとにし、道の駅 風の家に戻る。

挨拶だけ交わしてお別れかと思いきや。

 

イ憂「ソフトクリーム食べませんか?」

私「食べます、食べますとも!」

 

で、ソフトクリームタイム。

ジャージー牛乳を使った濃厚ソフト。

美味い、美味いYO!

 

しかし、暑いのですぐ溶ける。

否、暑い故に美味さも一塩なのだ。

 

※溶けるソフトクリームを食べるのに必死で、写真は撮っていない

 

私「それではボチボチ」

皆「お気をつけて」

 

ここからすぐ目の前に、米子自動車道蒜山インターが。

プカプカホーンを鳴らして、お別れの挨拶。

 

GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) プカプカ ホーン HON01800

GIZA PRODUCTS(ギザプロダクツ) プカプカ ホーン HON01800

 

 

そう言えば、プカプカホーンは好評だった。

ような気がする。

 

しかし、お別れの時間って切ないよね。

思い出しただけで涙出そう。

 

 

■高速、危機一髪!

往路は山陽自動車道を通って来たが、帰りは中国自動車道

 

カーブが多めで走っていてオモシロイ。

はると氏の話の通りだ。

クゥーッ!

 

土曜日の昼下がりだったが、車は少なめ。

トラックも少ない。

ウェーイ!な感じで高速をひた走る。

 

途中であることに気付く。

 

燃料計が、半分近くに減ってるのだ。

途中のSAで給油しようと決め、そのまま走る。

 

トンネルを過ぎたところにSAがあったが、如何せんウェーイだったので気付かず間に合わず。

 

私「ま、次があるか」

 

そう思っていたが、なかなかない。

PAの案内はある。

スタンドはないと知りつつも、PAに一旦入ってみる。

当然空振り。

 

BIKININJA 空振りシュリケン #1

BIKININJA 空振りシュリケン #1

 

 

そうこうしているうちに、メーターは非常にもリミット近くを表示する。

そして警告ランプ点灯!!

 

バイ

高速の途中で止まってしまう!!

 

後続車はいないか、追突の心配はないか。

止まったらJAFを呼んだらいいのか、番号は何番だ。

コレ、ブログのネタになるか、いやそれどころじゃない。

 

いろんな思いが頭の中を駆け巡る。

 

そしてメーターはLowFuelに。

 

終わった。

俺のバイクライフも高速で終わった。

 

後続車の皆よ、笑うが良い。

ツイートしたら、RT増えるかな、通知が止まらなくなるんじゃね?

そんな自虐的な考えが去来する。

 

そこへ神の啓示、もとい掲示が!

 

「SAまで25km」

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

しかし、あと25kmも走れるのか?

ここは走れることに賭けるしかない。

 

はやる思いとは裏腹に、アクセルは控えめで燃費重視に。

 

そしてSAに到着。

トイレ休憩や給水タイムどころではない。

スタンドへ直行以外の選択肢はない。

 

f:id:ktm390duke:20160703232045j:plain

 

スマホが写り込んでるけど勘弁な。

完全に燃料が真っ白。

良くぞ辿り着いたと思う。

 

で、こういうケースって1日に1回だと思うじゃろ?

まさか1日に2回もあるなんて夢にも思わず。

 

f:id:ktm390duke:20160703232416j:plain

 

そんなこんなで何とか家に到着。

久し振りに肝を冷やしたツーリングだった(但し高速のみ

 

 

■謝辞

福岡から1人で乗り込むことを快諾して頂いた岡山のフォロワーの皆さん。

 シール王さん、あおいといきさん、イ憂さん、ゆきおさん、はると氏。

 

皆さんのおかげで楽しい思い出が出来た。

この場を借りて改めてお礼申し上げる。

 

 

そして、

 

 

また再び岡山の地で共に走ろう。

 

ー糸冬ー

 

押すとイイことあるボタン

  ↓

にほんブログ村 バイクブログ KTMへ
にほんブログ村